FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良猫にエサだけ与える人へ。

子猫を里親様に引き渡す日の朝

子猫たちの親猫達に空き地でエサをやっている人にバッタリ出会いました。

60代くらいの男性。わざわざ車で来ている様子。

ご丁寧にボウルを用意して、なみなみとドライフードをボウルに入れています。


煮えたぎる思いを封印して、男性にお願いしました。



野良猫にエサを与えると、栄養が行き届いて、母猫がどんどん子猫を産みます。

年1回のところ、年2~3回産んでいます。

私は母猫が産んだ子猫を保護して里親さんを探して引き渡しました。

この母猫は体が小さくて、子猫を育てることができないんです。

あなたがエサを与える事で、猫達をこの土地に縛り付けています。

あなたがエサを与えなければ、猫達はこの土地に見切りをつけて旅立ち、
保護してくれる人にめぐり合えるかもしれないのです。

最近新顔の猫が姿を現し始めました。
このままでは野良猫がどんどん増えます。

この空き地は来年から工事が入ります。

どうするおつもりですか?

早く連れて帰ってあげてください。

連れて帰れないなら、エサを与えないでください。



「うちの子猫の細胞の一つ一つは、お前が与えた安物のキャットフードでできとるのじゃー!!」


という本音を封印して、

努めて分かりやすく、丁寧に、納得していただけるようにお話したつもりです。

おじさんは手を休めずエサを与えながら話を聞いていましたが、

しみじみ猫達を見ていたので…少しは感じる所があったと思いたいです。



野良猫達はエサをくれるおじさんにしか懐いておらず、
私が近付くと逃げてしまうのです。
私は冷たい人間なので、自分のできる範囲内の保護しかできません。
おじさんの尻拭いまでしたくありません。



今現在、どこかの野良猫にエサを与えて満足しているあなた。

あなたのしていることは

「野良猫に優しい自分に酔っている」状態です。

エサを与えるという行動は簡単に実行する事ができて、満足感を得ることができます。


その先の

猫が増えることや

伝染病が蔓延することや

自分がエサを与えていない時には猫が飢えている状態や
(エサを時々もらえる猫は、あまり自分で狩りをしません。
 母猫は子猫にも狩りを教えません。)

猫が病気になったときの管理には

全く見向きもしない。(『運命』の一言で済ませるのでしょう)



あなたがエサを与えるから、その餌場から猫が離れられず

新しい飼い主に出会う機会を奪ってしまっています。


連れて帰る気がないなら、エサを与えないでください。

「かわいそう」と言いながら可愛そうな子を増やさないでください。



野良猫にエサだけあげて自己満足しているあなた。

私はあなたが大嫌いだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:
http://chomitto.blog108.fc2.com/tb.php/202-fa2c59a4

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。