FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、何が言いたいかというと

前回のコメントで
『暗い気持ちの時は、テンプレートでも変えてみたら~?』
というコメントいただきました。

そうなのよ~
春だしさ~
変えようかと思ってるんだけど、何かこのテンプレート読み込みが早いようなので
閲覧してくれる皆さんが楽チンかな~と思ったら変えにくくてねぇ。



…っていうかまぁ、変えるのが面倒なんです(笑)




ダラダラと悲しい話を読ませてしまいましたが…


で、何が言いたいかというと


『犬のボケを予防しよう』



『楽に犬介護しよう・楽しい思い出作ろう』



『誰かに愚痴ろう・相談しよう・考えよう』



ってことです。




『犬のボケを予防しよう』

残念ながら、犬のボケは治せませんが、進行を遅らせることはできます。

個体差がありますが、脳を活性化させるサプリメントやフードが良いそうです。

これは「何だか年とってきたな~」と感じ始めた頃から飲ませるのが良いそうです。

ボケきってから使っても効果はありません。

動物病院に相談してみてください。



それから、日向ぼっこが良いそうです。

体内時計を正常に動かすセラトニン(だったっけ?メラトニン??)を生成するのだそうです。

老犬の日向ぼっこは熱中症に注意が必要です。
ボケ始めると、自分で日陰に移動しない・できないことがあります。



『楽に犬介護しよう・思い出作ろう』

介護のための環境を整えると楽に介護できるので
介護が辛いと思ったら、やり方を変えてみると良いかもしれません。

クマは昼間外犬で、夜は玄関の土間で寝てました。
介護生活になってからも環境を変えませんでした。
「部屋の中で介護する」という発想は全く思い浮かびませんでした。
冬なんかは寒い玄関で震えながらクマを支えているので、心まで冷えました。

天国に旅立つ日に初めて部屋の中に入れ、ずっと抱っこしてたのですが
「…家の中に入れてやれば楽だし、クマも暖かかったろうにね…」
ぼそっと母が言いました。
2年間気が付きませんでした。誰一人。
だってさ~、18年外犬だったんだもの~。

一緒の布団で横になれば、あるいは夜鳴きしなかったかも…いや、それはないか。
でも横に寝てたら、介護が楽ですよね。

そんな感じで、介護を楽に行える環境を整え、
今はいろんな介護グッズがでてるから利用するなり、カタログ真似して安く作るなり
工夫次第で犬も楽に過ごせて、グズリが減るかもしれません。


もッ凄くブログに載せるの迷った
手作り『立位強制バンド』の写真
IMG_4393.jpg
トートバッグの両サイドを切ってみました。

左回りにクルクル回るので、
カッテージチーズを布巾に入れて水分を絞る時みたいに
胴が絞られて
「グエッ」って感じになります。

そうとう嫌がってたけど、とにかく昼間起こしておきたかったので。
足の筋肉も付けたかったし。

ね、虐待まがいでしょ。


今はもっと快適に立たせられる介助グッズがあるので、ぜひ利用してください。
いろいろ試す中で、楽しいハプニングなんかも起きて
思い出になったりするんですよね。


そして、部屋にたくさん「元気だった頃の犬」の写真をたくさん飾ってください。
どんなに夜鳴きしても、思い出の写真を見れば
振り上げた手を犬に強く振り下ろすことはありますまい。




『誰かに愚痴ろう・相談しよう・考えよう』

家族だけで悶々と夜鳴きに付き合ってたら考えが煮詰まってくるので
「なかなか逝ってくれないんだけどぉ~(笑)」
な~んて笑い話で愚痴っちゃいましょう。
その点、ブログ良いですよね~。
経験談を聞けるし、自由に自分のブログに思いをぶつけられるし~。
動物病院で相談しても、自宅で介護経験してるスタッフさんは少ないですからね。
辛さが分かる人にアドバイスもらうのが一番だと思うわ。




で、
どうにも犬に優しくできなくなった時
『安楽死』について考えてみてください。

私は「安楽死しなさい」って言ってるんじゃなくて
大抵「安楽死を決断するくらいなら、もうちょっと介護しよう」って気になるんです。
正気に戻るんです。
「あ、何年も大事にしてきた命だった」って事を思い出すんです。
それからは優しく介護できるはずです。

そこで安楽死しようって決断するとしても
良く考えて考えて、血を吐くほど考えて出した答えであれば、良いんじゃないかな。
酷い介護生活を続けるよりはイイ。
犬の事を考えての決断であればイイ。

その場合は周りに相談しない方がいい。
安楽死や犬介護に馴染みのない人にそんな濃い相談しても
「ひどい!ひどい飼い主だ!」と非難されるだけですから。
そこんとこの相談は、ぜひ動物病院で…
(あ、何が何でも安楽死しない獣医だったら非難するかもしれない)




犬が完全にボケた状態ってね、飼い主からしたら悲惨ですけど

当の犬からしたら

いろんな苦痛から解放されて、心安らかな状態なんですって。

ワケが分からずバタバタしたり夜鳴きする姿は苦しんでるように見えますが

当犬は「ランランラ~ン♪ ランランラ~ン♪ あはははははは♪」
って、お花畑を走り回ってる気持ちなのかもしれません。

だから、
「どうやったらボケの苦しみから救ってやれるのか」とか
悩まなくていいんですよ~。



そこそこイイ年齢になってきて
「何か最近うちの犬、年取ってきたわ~」なんて悩んでる飼い主さん!
甘い甘い!!

♪ま~だ~まだここからがぁ~♪いいところ~♪
そういうことにしておけば、これから先も

いいかんじ♪



にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
それがその子の生きる道。
スポンサーサイト

コメント

読ませていただきました。

ふっふっふ、とつい笑いながら読んでしまいました(*^_^*)
ボケたもん勝ちですよね(苦笑)飼い主が変にかわいそう症候群にかかっちゃうと大変なことがより大変になりますが、我が家も色んな意味で今回最長老のマリンがボケてるなって言う時点まで来て、今までに天使になった子たちとは全く違う感情があります。

なんと言うのか、ボケるまで一緒に暮らせたんだねぇ~って言う深い感慨って言うのか…。やれることはやってきてこれからもよいと思われることはやろうと思いつつ、犬にとっては幸か不幸か時間がたたないとわからないようなことが命をつなぎとめ続ける結果につながればそれで良しとできる懐の大きさを作ってもらえたように思っているんです。

安楽死もね、私、何回も決断し、2頭はその決断を遂行しました。その記録も残していますが悔いがあるといえばあるしないといえばないし…全力で死と闘うことができたらそれでいいんじゃないかって思います。だって大切な家族のためのことだから・・・。

経験したものでないとわからない感情ってありますよね。ボケたわんこの面倒をみるってそれなりに大変だけど素晴らしい経験なのかもしれないなと思って毎日頑張っています。そのうち愚痴をこぼさせていただくかもしれませんがよろしくお願いします(^_^;)

コメントありがとうございます

v-91 mAGICさん
そうですよね~まさにボケたもん勝ち!「後はよろしくね~♪」って感じでしょ^^ ずるいよね~
いろんな事故や病気がある中で、ボケるまで生きていられるってホント幸運ですね。
いや、できればボケずにいてくれれば更に良いけど(笑)
まぁ、ボケちゃったからしょうがないですね~。とことん付き合っちゃいますか?!ね!^^

何度か安楽死を決断なさったんですね。お辛かったと思います。
私は激しい苦痛から解放してあげられる安楽死は好きです。(変な言い方ですけど)
批判もあるけど、実はとても責任感ある決断だと思うんですよね。
自分がペットの安楽死を決断するという罪悪感を背負ってでも、ペットを楽にしてあげたいという大きな愛ある行為です。
決断せざるを得ないくらい辛い症状だったのでしょうから、その子たちは苦しみから解放されて幸せでしたね。

さて、今夜も寝ずにお花畑をランランラ~ン♪って走り回ってくれるのかな?(笑)
愚痴があったらどんどん愚痴ってくださいな♪
1ヶ月ほど更新しない日々が続くと予定ですが、時にはブログチェックしますので…ま、愚痴ってもんは誰かに聞いてもらわなくても、書くことで頭がまとってスッキリしますからね。どんどん書き込んじゃってください!

本当だ!
皆さん、絵文字、一切使ってないんですねぇ。
自分でも使ってないコトに
コメント返しを読んで気付きました。。。

そっかぁ。。。
ボケて「らんららーん♪」
なんですね。
言われてみれば、そうかも??
でも、ボケられると、こっちは
「私のこと、覚えてる?」なんて
介護で大変な時と同時に
寂しくなって、辛いから、ボケないように
予防して行けたらいぃなぁ♪なんて思います。
犬としてはボケたまま、死と向き合う方が
気持ちは楽なのかな?なんても思ったり・・。

人間の介護と一緒で、
頑張り過ぎないのがいぃのかしら?
私も長い介護とは向き合ったコトないので、
介護についてあまり語れませんが。。。

v-10v-9v-10v-9v-10

今回も絵文字、忘れているようなんで、
いっぱいムリに入れてみた!!

悪い意味でなく、介護は人間ならば
相当な精神力がいるから、それをカバーする為に
ヘルパーさんなどを利用できます
(実は私、一応ヘルパーさんの学校に行きました)

ですが動物にはそんな事ありません
実際動物も人間も痴呆になり介護となれば、
同じように大変だと思います
同じように大変でも、動物は家族が支える以外
絶対に手段が無いんですよね

だから、相当な精神力が必要なんだと思います

PS:テンプレ今までの
かっこいいヨ

v-91 けんPママさん
ムリな絵文字たくさんありがとう(笑)和みましたぁ~

人間の介護の場合、うちの田舎のヘルパーさんたちは「とにかく介護する方がムリしちゃダメよ~!年寄り、ちょっとくらい放っておいてもいいのよ!」みたいな感じで、介護者を気にかけてくださいます。
介護者が疲れると共倒れしますからね~。
けんちゃんくらい若いうちからお日様に当たってたらボケなさそうよね。お友達も多くて、脳がしっかり動いてるし。
ダイジョブ・ダイジョブ~♪

犬介護は犬病気介護ほどの苦痛が無いから、きっとけんPママさんなら「なんちゅーことない」と思いますよ。
しかし、その病気じゃないけど普通じゃない中途半端さが悩ましいんですよねぇ。


v-91 miyuぴーさん
そうそう、ボケた年寄り犬を預かってくれるところって、なかなか無いんですよね~。預かる方も怖くて預かれないです。環境が変わると体調が変わるから、一応「もしもの事もあるよ」って伝えざるをえないし。犬介護者は人介護者より自由が制限されるかも。一昔の人間介護みたいな感じ?(真剣に介護するならね)

テンプレ、今のままで当分ねばります^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chomitto.blog108.fc2.com/tb.php/184-c39e3419

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。