FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強行墓参り

今回、風景写真ばかりなんで、つまんないッスよ~。



行ってきました・墓参り。

流れ流れて、苦行のような旅でした…


今回の旅で1番役に立った物は

大阪駅界隈で大量に配ってたポケットティッシュ。

鼻風邪の私。持参してたティッシュだけじゃ、全然足りませんでした。

ありがとう・ティッシュ。




セミナーを終え(何だか頭に入らなかった…風邪のせいかしら)

友人と2年ぶりに会食し
IMG_3507.jpg
美味しかったチーズタルトとチャイ。


夜行バスに揺られて浜松へ。


眠れぬ夜を過ごし、真っ暗な早朝5時40分の浜松で下車。


当てにしてたファミレスは『朝8時から営業』で(←大ショック)

オッサンの巣・トラックステーションの食堂で時間をつぶしました。
IMG_3509.jpg
心細さを温めるモーニングセット。



結局、お寺までテクテク1時間歩いて、
コロの付いた旅行カバンをコロコロ引きずって、


お寺に到着
IMG_3510.jpg


遺影を墓標にセットして

ペットボトルに入れて持参した水をお墓にかけて

拝んで

友人Mちゃんのワンコのお骨と対面して
(個別供養の場合、後ろの部屋で骨壷が保管されて、いつでもお骨に会える)

しばし…ボーーーーっとしてました。


隣の人間の墓場で工事してて、おっちゃんたちの笑い声が聞こえます。

住職さんが通りすがりにご挨拶してくださいました。

近所の方が自転車で来て、お線香をあげていきました。


そしてまた…しばし…ボーーーーっとしてました。




こんな遠くまで来たけれど、全く実感が湧かん…すまん



突然「死んだ」と聞いて

目の前から居なくなって

お骨は浜松、この墓の中ですと言われても…

『はぁ…この墓の中か…』ってなもんです。よく分かりません。

遺体を見てないもんですから…



「はぁ…じゃ…次行こうかな…」と、虚しく遺影を片付けて
お墓を背にして歩き出したとたん

帰れなくなったんです。



ポテポテとお墓の横のベンチに戻って、座りなおしました。

「行かんといて」

「また置いて行くのか」

って言われてるようで、

立ち去れません。



30分くらい座ってたでしょうか。

それでも先に進まなければ。



泣きはらした顔で住職さんにご挨拶したら、
近くのバス停まで車で送ってくださいました。

次に来る時のために、道順も教えてくださいました。

お茶もくれました。

優しいお寺さんで良かったな。





それからバス・東海道本線・地方列車と乗り継いで
IMG_3517.jpg
とある半島を走る列車



先代クマの眠る町に到着。


駅からバスに乗って15分、そこからキャベツ畑の間を歩いて30分
IMG_3512.jpg
来たよ、クマ。

5年間も放っておいてごめんね。



ここでも遺影をセット。
IMG_3513.jpg
2リットルのペットボトル、マジ重かった!多すぎた…1リットルでよかったな。
クマと、喜助と、Mちゃんの子と、3匹分と思ったら2リットル持ってきちゃった。



17年飲んだ地元の軟水、5年ぶりにタップリ飲みなさい。
IMG_3514.jpg


こちらの動物用のお墓は本堂と離れてました。
お寺さんにご挨拶したくて本堂に向かいましたが、
本堂は閉まってて、だれも居ない感じ。
せっかく来たのでお花代を納めていただきたくて、
家のチャイムを鳴らしてお呼び立てしました。







インターホンから聞こえてきたのは


『安心便利な〇〇ローン!無理なくご返済いただけます♪
 困った時には〇〇ローン!ご利用は計画的に♪』


CMが流れてきたんです。インターホンから…

何か理解できなくて、しばしCMを聴いてました。

次々とラジオCMのような明るい調子のCMが流れます。



これって…訪問販売の撃退法?? 

私、怪しかったですか??



虚しくて、悲しくて…

お花代の入った封筒をカバンに収めました。

お墓に戻って、クマとお弁当を食べました。
IMG_3515.jpg
駅地下で買った、味噌カツ丼

一緒にご飯食べるの、久しぶりじゃね。

クマとは何でも半分子で食べてました。

ソフトクリームも、シュークリームも、クッキーも。

『クマ~と僕とで♪はんぶんこっ♪』

歌いながら食べてました。懐かしいな。




…誰かわからない人間を追い払うお寺にクマを預けるの
嫌じゃーーー!! 




言うても、そろそろ立ち去らねば 絵文字名を入力してください

振り返りながら、振り返りながら、お墓を後にしました。

お墓の前にクマが座って見送ってるのが見えるようでした。

涙が止まりません。



「おいでーー!一緒に帰ろう!!」


マジで叫んでみました。山の中で。




『エアークマ』を『エアー散歩』で連れて帰ることにしました。(←本気)

家に帰るまで、傍らにクマを感じながら帰りました。





犬が死んだ後の事を今まで悩んでましたが
このようなお墓に連れ去られたら嫌なので、


今、家に居るチビ2匹は個別で焼いてもらって、地元のお寺に納骨することにしました。

喜助のお寺に納骨するのもいいけど、遠いのは離れ難いと今回思いました。



そして、2日半お風呂に入らなくても結構平気…と

困った悟りを開いたのでした。




にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
↑久しぶりに入るお風呂は超気持ちがよかっぱです。
  お風呂大好きさん、きちゃない私にポチッと一押し、よかったらどうぞ…
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

号泣しました

喜助どんとオトン(私の実の父)とかぶって、よけいに号泣しました。アタシ、オトンが死んだとき出張でとんでも無い国に居ったんですわ、そんで、連絡ついたんは死んで5日後、アメリカのフロリダ(遠いて)それからちょっと出国にごたごたして、和歌山にたどり着いたんは10日後、既に骨になっとった、ちゅーねん。実感めっちゃ沸かへんかったわ。独りで墓へ行ってね、たたれへんようになって、そこで泣きちゃがしまして、警察に職質されました(ギャハハハ)。
 ビターな思い出じゃ。

クマくん・喜助くん、お友達のワンちゃん
きっと、大喜びしたでしょうね。
ちょみ豆さんが会いにきてくれて。

お墓をみたら、何となく切なくなりました。
うちも、もしもの時はどおしようかな?って。
子供の頃に飼っていたマルは、老衰で
無くなった後、自宅に埋めました。
ですが、今いる子は もしも遠い所で
会えなくなったら、やっぱり悲しいです。

でも、喜助くんのいるご住職さんは
とても優しい方だったんですね。
なんとなく、嬉しいですね。人情に触れたようで。

クマ君も、いっぱい地元のお水を飲めて
喜んでいることでしょう。
長旅 お疲れ様でしたv-22

PS:私は、けっこう方向オンチで
地元でも、うっかり迷っちゃうので、
遠い所をサクサク歩ける、ちょみ豆さんを
とても関心してしまいましたヨ

私、決めました。
もしも、もしも、いっちゃんが死んだら実家の庭に埋めます。
そしてかまぼこの板に「苺之介の墓」と書いて立てます。

先代マロやばんじろうを焼いてもらった火葬場で・・・と思っていましたが、やはり近くに埋めます。
実家なら99.9%引っ越さないし、売却することもないだろうから。
実家の庭には、2代目トラ(初代トラは私生まれる前だから不明)や野良のクロ、3代目トラ、野良のフジ、きんぎょなどみんなが眠ってます。
主に桐の木の下に。(・・・ちょっと怖いですか?)

クマちゃん、ほんとに月の輪クマみたいやね。胸のとことか白くって。
遠いお寺、それがよいお寺でも行きも大変だし、帰りもすごく帰りにくいよね。。
それにしてもCMインターホン謎すぎですねi-195
わたし、まだ獣医さんには尋ねてないんだけど^^; 
今回の記事では皆さんの意見も含めまたいろいろと考えさせてもらいました。
ありがとう。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんと遠くまでお墓参り来てもらって2人とも幸せですね~v-343 
前火葬の記事でちょみ豆さんが言ってたように骨は骨で意味はあるんだろうけどきっとそばで「はやくご飯~」とか「ガルルルルゥ~」とか言ってますよ~v-352 
私は遺骨の残ってない子が1匹いてちょみ豆さんのその言葉にすっごく助けられましたv-353  
本当ありがとうございましたv-286

長旅、お疲れ様でした。

いろいろあって、何から書こうかな…

ファミレス、残念でしたね。
遺影の写真は「無理~」の時の写真ですか?
喜助様、きっと庭先で「お姉、見つけたよ~」と尻尾ブンブンした時のように喜んだでしょうね。
重い水を担いでご苦労様でした。
地元の水をのませてあげたいという心遣いに敬礼!
喜助様のお寺は良いお寺なので安心ですね。

クマさんのお寺は残念でしたか…
エアーチャーリー、私もやりました(笑)

個別に決めたんだ。
やっぱり近い所がいいよ。
いつでも思い経ったらすぐ行けるし、帰る時もいつでも来れると思えば、すっと帰れるよ。
CMの流れるお寺は、契約してCM料貰ってるんじゃないの?(笑)
相手も見ずに撃退って行為も寺にそぐわないよね。
お疲れ様でした。

コメントありがとうございます

i-266 けんPママさん
1番にコメントをいただいたのに、消しちゃいました。ごめんなさいe-466
何となく復活させましたが、レベルが30くらい落ちたような内容ですね…ごめんなさい…

遺影の写真は「無理~」の時の写真です。1番よそ行きの顔してるので、コレを飾ってます。
水!重いし、かさ張りました~!でも何を持っていくより喜んでくれてると思う。3匹とも。


i-266 十兵衛さん
辛い出来事を思い出させてしまいましたか…e-466
ワンコならまだしも(まぁ、ワンコは自分の子供みたいなもんだという価値観は置いといて)お父さんの死に立ち会えないなんて、お仕事とはいえ取り返しがつかない…。心が苦しかったと思います。
世界を駆け回ってるということは、いろんな経験ができる半面、犠牲にしなければならないことも沢山ありそうですね。
職質…(笑っちゃだめ!だめよちょみ豆!) お巡りさんも、十兵衛さんのあまりの憔悴ぶりに心配してくだすったのでしょう。


i-266 miyuぴーさん
私、地図が読める女なんです。今回もグーグルマップで検索・印刷して持って行きました。グーグルマップは細かい道まで載ってるので、とっても分かりやすいんです。無料だし。
そのうえ方向感覚だけはピカイチで、「こっちっぽい」みたいなカンで素敵な場所に辿り着いたりします。鼻が利くんですね~。

まだまだ若いから考えられないでしょうが、もしその時が来た時、何も決めないと結構バタバタします。遺体は傷むから1晩程度でお別れしないといけないし、その1晩を「何処で焼く?!」なんて考えてたら、お別れに集中できないんですよね。
だから、焼き場の情報収集くらいはしておいたら安心ですよ~。


i-266 いちのすけちゃん
でもさ~、うちらの代はいいけど、その先で「桐の木を切って、物置を置こう」とか「マンションを建てよう」みたいなことになったら、いっちゃんの上に建物が建つよ。もしくは掘り返されるよ。嫌じゃ~ん。
豊平に動物供養してくれるお寺があるらしいけん、1回行ってみるわ。良かったらそこで供養してもらってもいいかもよ。


i-266 novさん
子供の時に付けた「クマ」という名前(笑)多分、今出会っても「クマ」と名づけたと思います。子供の時は「実は本当にクマで、ツキノワグマに育ったりして~♪ そしたら背中に乗って散歩したりして~♪」と本気で考えてました。妄想癖のある子供でした。

私が札幌にいるんだったら…とりあえず個別で焼いて骨を持っておいて、永住が決まった土地の動物供養してくれるお寺にお願いするかな。札幌に埋葬して、関西に戻ることになったら切ないものね~。生まれた土地で埋葬してあげたいって気持ちもあるけどね。考える時間が欲しいから、とりあえずお骨を手元に置いておくのもいいでしょう。


i-266 空ママさん
そうそう、基本は「骨はしょせん骨。生きてるうちが大事」なんだけど、今回のお墓参りでは自慢の妄想壁が稼動して、勝手に名残惜しい気分になって…
良いお寺なら「名残惜しいけど、これで良かった」と思えるんだけど、2軒目のお寺のようであれば、「おのれ~17年生きた最後の締めを、どうしてくれるんやe-262」と憤らずにはおられません。
うちの猫も野良猫として近所のゴミ焼き場で焼かれてしまったんだけど、いっそその方が悩まずに済んでたりします(笑)←いや、笑い事ではないが…

多分、職場のパソコンからもコメントできるようになったと思います!長らくご不便おかけしましたi-229


i-266 kakkoさん
そうそう。個別に焼いてもらって、近所のお寺の合同のお墓に入れてもらおうかと。自分がおばあちゃんになっても参れるような近い場所がいいな。
CM料…リスナーがずいぶん限られてきますが…成り立つのか?!(笑) ずいぶん立派な玄関だったから、CM御殿だったのかも~。
今日テレビで「お寺は誰にでも開かれた場所でないと…」と言ってる関西のお寺の住職さんがいらっしゃいました。そのとおり~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chomitto.blog108.fc2.com/tb.php/155-396763b5

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。