スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜助新聞と ば んじろう

とある新聞
IMG_3537.jpg



おや?





そう!喜助、新聞に載せてもらいました
IMG_3539.jpg
北海道の十勝毎日新聞
10月18日の夕刊に載せてもらいました♪


十勝在住の いちのすけちゃんが新聞社に写真を送ってくれました。

可愛いボールペンを記念品でもらったんだけど、母に盗られてしまった…


喜助の写真を見て、どこかの家族が
「見てみて~犬がちゃんちゃんこ着てるよ~」
なんて、楽しくお話してくれてたら嬉しいね。




そんな いちのすけちゃんの大事な犬の話。



いちのすけちゃんとは8年前に知り合いましたが

知り合った当時から耳にタコができるほどコンコンと語られた犬物語があります。

主人公はいちのすけちゃんのお姉さん夫婦の愛犬・秋田犬の番 治朗(ばん じろう)

【注意:検索で引っかからないように、名前の間にスペースを入れてます】
番と治朗は続けて名前として読んでください。
苗字と名前ではありません(笑)

081118_2200~0001
ばんじ~♪


番 治朗は名の通り、旦那さんの会社の番犬として格安で買ってこられました。

旦那さんと一緒に出勤して、自分のタイムカードを押してもらって、会社の治安に勤めてました。


「I am セコム」
081118_2159~0001


だから、ご飯代も病院代も、会社の『防犯警備費』として経費で落ちてました。



それはそれは可愛い可愛い、人間大好きな番犬で(ダメじゃん…)

番 治朗  1歳の誕生日ケーキ
左は いちのすけちゃん

みんなから可愛がられていたのでした。



しかし、4年後にお姉さん夫婦は離婚することになり

番治 朗は旦那さんに引き取られ
いちのすけ姉妹は旦那さんから
「番 治朗とは2度と会わせない」と悲しい宣告をされてしまうのでした。
081118_2201~0001
さようなら…番 治朗…



番 治朗に会えなくなって1年後

いちのすけちゃんはスキー場バイトで
「犬大好き~♪」な元動物看護士の私と出会い
心行くまで番 治朗の思い出を熱く語ったのでした。眠くても。
081118_2159~0002
寮の私たちの部屋は、犬と猫の写真だらけでした(笑)


そしてさらに3年後

私は新しい動物病院に復職しました。


裏技を使って番治 朗の所在を調べてみましたが、
生きている証拠をつかむことはできませんでした。


秋田犬は大型犬ですから、寿命もそんなに長くないから…
天国に行ったのかもね


なんて言ってたある日


受付で診察申し込みを書く新患さんの名前を覗きこむと

『秋田犬   番 治朗』

番 治朗 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!


ウチの病院に、ずっと話しに聞いてた
死んだと思ってた番 治朗がやって来たのです!
私たちの中ではすでに「伝説の犬」になってたのに!


すぐに「秋田犬、めずらしいから写メール撮らせてくださ~い♪」
と、苦しい理由で携帯写真を撮らせてもらって

いちのすけちゃんに速攻でメール!(仕事中だけどやりたい放題)
051024_0936~0001
10歳になってたよ


来院の理由は、

「肛門に腫瘍(良性の肛門繊維腫)ができて出血してるから取って欲しい」とのこと。

かかりつけの先生は「大きすぎて取れない」と言って取ってくれなかったらしい。

確かに手術するには面倒な大きさにはなってたけど、
取れないってほど大きくも無かったので
「じゃ、健康チェックしてから手術の段取りを組もうよ~…あれ?」

お腹を触ってた獣医の手に大きなシコリが触りました。
「これ~…肝臓に大きい腫瘍ができとるねぇ…
「えっ…ここんとこ痩せてきてたけど、前の先生は何も言ってなかったよ?!」
超音波検査で肝臓に影があり、血液検査の肝臓の結果が最悪になってました。

それでも出血しているお尻の腫瘍だけは取ってやりたいという飼い主(元旦那)の意向で
お尻の手術を4日後に決行。
肝臓は温存(コレもお腹は開けたくないという飼い主さんの意向)。


手術当日の番 治朗
051028_1403~0001

この時に、いちのすけ姉妹に番 治朗をコッソリ会わせたかったけど
すでにいちのすけちゃんは北海道に移住した後。
お姉さんも仕事が抜けられず…会うと離れられなくなるから…と
再会は叶いませんでした。

会えば番 治朗も喜んだと思うんだ~。


手術は無事終わり、それなりに回復しましたが…


その数ヵ月後

飼い主さんが病院にご挨拶にみえました。

今、火葬場に番 治朗を連れて行ったと。


肝臓が悪いのは分かってたから、
具合が悪くなったけど、もう病院に連れて行かず、
大好きな職場で最後まで番犬してもらった…と。
051028_1413~0001
そうか番 治朗。
最後までお勤めごくろうさん。




私と知り合わなければ
私が動物病院勤務に復帰しなければ
かかりつけの先生が手術に積極的だったら

いちのすけ姉妹は番 治朗の最後を知る事無く
ずっと「番 治朗はどうなったのだろう」と思い続けていたでしょう。

番 治朗といちのすけ姉妹の絆が(実質、子犬から育てたのはこの2人)
『番 治朗の終わり』を知らせてくれたと思われてなりません。

私はこの時のために、いちのすけちゃんと友達になったんだと思ってます。
神様から派遣されて来たんです。




「私、あなたの元義妹・いちのすけの友達です♪」
と元旦那さんに名乗り出たら転院されそうで
怖くてひたすら隠し続けてました。
転院されたら、番 治朗を見守れなくなっちゃうもの。

名前を呼ぶ時、
いちのすけちゃんがいつも呼ぶ愛称「バンジー」と呼びそうになり
「バンジー………ろう」(←つい呼び捨て)

何度が濁しました(苦笑)



にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
↑あ~~…元旦那さんがうっかりこのブログを目にしませんように…

 2代目番治 朗を飼ってるから、
 パソコンで検索しないとも限らないんだ~ ガク((( ;゚Д゚)))ブル

 励ましのポチをどうぞよろしく…
スポンサーサイト

秋深し…

母さん、僕のあの選挙権、どうしたでせうね?

  ええ、夏 碓井から霧積へ行くみちで、

  渓谷へ落としたあの選挙権ですよ。




私、選挙権がありません。

もちろん二十歳はとおに過ぎておりますが

住民票が母の住む田舎にあるのに実際は都会に住んでるので

『あなた、田舎で暮らしてないでしょ?
 暮らしてない町の選挙に1票投じる事はできないんですよ。
 文句があるなら、かかってらしゃいやァコラー!』

というお手紙が選挙の前になると田舎の役所から毎回届いて、
ココ3年選挙権がありません。

税金は田舎に納めてるのに~!



そんな田舎の秋です。
IMG_3480.jpg



今年は台風が来なかったから、葉が残ってて紅葉がきれいです。
IMG_3502.jpg




田舎に行くと、畑をノーリードで散歩できるから楽チンだ。
IMG_3481.jpg
               ↑アスファルトの方が歩きやすくて好きな元放浪犬




「あのー、畑に行きたくないんですけどー」
IMG_3476.jpg
畑が好きなマメと、畑に入りたくなくてアスファルトの上で粘るしーちゃん



「嫌なのに…」
IMG_3477.jpg



ビビリッコのまめたろうは、田舎に居ると元気ハツラツ冒険野郎に変身します。
IMG_3484.jpg
横の川まで、高さ3mあるので落ちないで欲しい。



喜助が庭の池に興味を示した時は
「ゼヒ落ちて欲しい」とカメラを構えてましたが
IMG_3500.jpg
さすがに川ポチャはシャレにならんのでハラハラします。
「橋の欄干から下りなさーい!!」



「姉ちゃんが見とる…キリッ」
IMG_3501.jpg
いや、ハンサムに見せとる場合か



自然豊かな場所に行くと『ワクワクしちゃうDNA』と『げんなりしちゃうDNA』

マメは都会で育ててきたのに、土の匂いが大好きなのは

穴掘り狩猟犬のご先祖の血が騒ぐのでしょうか。

不思議。




この犬が大柄なのは、
王様から寵愛を受けた愛玩犬のご先祖の血が騒ぐのでしょうか。
IMG_3491.jpg
夜中のうちに、枕を取られてました。





そんな秋
IMG_3494.jpg


ちょみ豆の秋は、労働月間の秋。

明日から年末まで働きに出ますので、ブログの更新がおろそかになります。

あまり訪問しないでね。

空振りになるから。



にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
↑あ~働きたくないな~。
 ナマケモノの私に渇をポチッっとお願いします

強行墓参り

今回、風景写真ばかりなんで、つまんないッスよ~。



行ってきました・墓参り。

流れ流れて、苦行のような旅でした…


今回の旅で1番役に立った物は

大阪駅界隈で大量に配ってたポケットティッシュ。

鼻風邪の私。持参してたティッシュだけじゃ、全然足りませんでした。

ありがとう・ティッシュ。




セミナーを終え(何だか頭に入らなかった…風邪のせいかしら)

友人と2年ぶりに会食し
IMG_3507.jpg
美味しかったチーズタルトとチャイ。


夜行バスに揺られて浜松へ。


眠れぬ夜を過ごし、真っ暗な早朝5時40分の浜松で下車。


当てにしてたファミレスは『朝8時から営業』で(←大ショック)

オッサンの巣・トラックステーションの食堂で時間をつぶしました。
IMG_3509.jpg
心細さを温めるモーニングセット。



結局、お寺までテクテク1時間歩いて、
コロの付いた旅行カバンをコロコロ引きずって、


お寺に到着
IMG_3510.jpg


遺影を墓標にセットして

ペットボトルに入れて持参した水をお墓にかけて

拝んで

友人Mちゃんのワンコのお骨と対面して
(個別供養の場合、後ろの部屋で骨壷が保管されて、いつでもお骨に会える)

しばし…ボーーーーっとしてました。


隣の人間の墓場で工事してて、おっちゃんたちの笑い声が聞こえます。

住職さんが通りすがりにご挨拶してくださいました。

近所の方が自転車で来て、お線香をあげていきました。


そしてまた…しばし…ボーーーーっとしてました。




こんな遠くまで来たけれど、全く実感が湧かん…すまん



突然「死んだ」と聞いて

目の前から居なくなって

お骨は浜松、この墓の中ですと言われても…

『はぁ…この墓の中か…』ってなもんです。よく分かりません。

遺体を見てないもんですから…



「はぁ…じゃ…次行こうかな…」と、虚しく遺影を片付けて
お墓を背にして歩き出したとたん

帰れなくなったんです。



ポテポテとお墓の横のベンチに戻って、座りなおしました。

「行かんといて」

「また置いて行くのか」

って言われてるようで、

立ち去れません。



30分くらい座ってたでしょうか。

それでも先に進まなければ。



泣きはらした顔で住職さんにご挨拶したら、
近くのバス停まで車で送ってくださいました。

次に来る時のために、道順も教えてくださいました。

お茶もくれました。

優しいお寺さんで良かったな。





それからバス・東海道本線・地方列車と乗り継いで
IMG_3517.jpg
とある半島を走る列車



先代クマの眠る町に到着。


駅からバスに乗って15分、そこからキャベツ畑の間を歩いて30分
IMG_3512.jpg
来たよ、クマ。

5年間も放っておいてごめんね。



ここでも遺影をセット。
IMG_3513.jpg
2リットルのペットボトル、マジ重かった!多すぎた…1リットルでよかったな。
クマと、喜助と、Mちゃんの子と、3匹分と思ったら2リットル持ってきちゃった。



17年飲んだ地元の軟水、5年ぶりにタップリ飲みなさい。
IMG_3514.jpg


こちらの動物用のお墓は本堂と離れてました。
お寺さんにご挨拶したくて本堂に向かいましたが、
本堂は閉まってて、だれも居ない感じ。
せっかく来たのでお花代を納めていただきたくて、
家のチャイムを鳴らしてお呼び立てしました。







インターホンから聞こえてきたのは


『安心便利な〇〇ローン!無理なくご返済いただけます♪
 困った時には〇〇ローン!ご利用は計画的に♪』


CMが流れてきたんです。インターホンから…

何か理解できなくて、しばしCMを聴いてました。

次々とラジオCMのような明るい調子のCMが流れます。



これって…訪問販売の撃退法?? 

私、怪しかったですか??



虚しくて、悲しくて…

お花代の入った封筒をカバンに収めました。

お墓に戻って、クマとお弁当を食べました。
IMG_3515.jpg
駅地下で買った、味噌カツ丼

一緒にご飯食べるの、久しぶりじゃね。

クマとは何でも半分子で食べてました。

ソフトクリームも、シュークリームも、クッキーも。

『クマ~と僕とで♪はんぶんこっ♪』

歌いながら食べてました。懐かしいな。




…誰かわからない人間を追い払うお寺にクマを預けるの
嫌じゃーーー!! 




言うても、そろそろ立ち去らねば 絵文字名を入力してください

振り返りながら、振り返りながら、お墓を後にしました。

お墓の前にクマが座って見送ってるのが見えるようでした。

涙が止まりません。



「おいでーー!一緒に帰ろう!!」


マジで叫んでみました。山の中で。




『エアークマ』を『エアー散歩』で連れて帰ることにしました。(←本気)

家に帰るまで、傍らにクマを感じながら帰りました。





犬が死んだ後の事を今まで悩んでましたが
このようなお墓に連れ去られたら嫌なので、


今、家に居るチビ2匹は個別で焼いてもらって、地元のお寺に納骨することにしました。

喜助のお寺に納骨するのもいいけど、遠いのは離れ難いと今回思いました。



そして、2日半お風呂に入らなくても結構平気…と

困った悟りを開いたのでした。




にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
↑久しぶりに入るお風呂は超気持ちがよかっぱです。
  お風呂大好きさん、きちゃない私にポチッと一押し、よかったらどうぞ…

無事、引き渡しました

白黒の子猫を里親さんにお届けしました。
081024_1309~0001
生後2ヶ月そこそこにして、このハッキリした顔立ち…

トイレも覚え、寄生虫も無く、犬に吠えられても物怖じしない根性…

何処に出しても恥ずかしくない、良い子です 




引き渡した場面を写真に残そうと思ってたのに
テンションが上がっててすっかり忘れてました。
変わりに、里親さんにいただいたブッセを載せておこう。
IMG_3473.jpg
隣は、道の駅に売ってた1山100円のナスに入ってたナス男。
鼻が高くてナイスガイ。(ナスだけに…ナィス…)


子猫は幸せになれると確信しました。

美味しいものをくれる人に悪い人はいません!!ドーン





さて

あしたから、アルバイトやらセミナーやら墓参りなどでバタバタしますので、
9日頃まではパソコンをお休みしま~す。

そう!やっと喜助の墓参りに行ってきます。

喜助のお寺まで広島から名古屋乗り継ぎの高速バスで、ほぼドアtoドアで行けます。

浜松ICのバス降り場からお寺まで、歩いても行けそうな感じ。
(けんPママさん、どうですか?)



今回、先代クマの墓参りもしてきます。

この寺が『豊橋のヘンピな所』(お寺の人 談)にあって、
ちゃんと辿り着けるか不安でストレスになってます。

タクシーで行けばいいんだけど…せっかくだから地元のバスとか電車とか利用したいじゃ~ん?


大阪でのセミナーを受けてから、深夜バス・東海道本線・そして深夜バス…

体力的にもギリギリな強行スケジュール。




なのに何故 風邪ひいた?! 絵文字名を入力してくださいドドーン


昨夜から鼻水ズルズル・喉ヒリヒリ。
先日まで寝込んでた弟からモロにうつされてしまいました。弟が憎い…

しかも夜にブッセを食べながら飲んだブラックコーヒーに胃をやられて、
差し込む痛みで眠れませんでした。

今日1日ガッチリ寝て、明日からがんばります。



にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
舌下で36.9℃の微熱。悔しいから37℃になるまで測ります。


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。