スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨星没つ

知人の会社の忘年会に誘ってもらって、20代前半の娘さんばかりの席に座りました。

「通勤時間が5分くらいです~。実家だし楽です~^^」
と聞いて、

「へ~いいね!
玄関開けたら2分でご飯だね!」

と言ったら、ギャル達にポカンとされて

おや?と思っていたら

20代後半の娘が


「ちょみ豆さん!
それは私でギリギリです!」

と教えてくれました。


「玄関開けたら2分でご飯」は
もう期限切れらしいです。


あえて注釈は付けません。
分かる人だけ笑ってくれたらええ。




喜助の心のじいちゃん、十兵衛君が天国に旅立ちました。

最後はしんどかったけど、苦しい時間が短かったから…と
良い方に考えられたらいいなぁ。

毎日を看病に費やしていると、亡くした後に時間がポッカリ空いて
めっちゃ手持ち無沙汰になって、喪失感を深く感じ
その子の事ばかり考えて
ペットロスに陥ったりします。

そんな時、亡くした子に手紙を書くと頭の中が整理されて落ち着くんですよね。

その点、ブロガーさんはブログに言葉をしたためて
気持ちの整理ができるから(しかも全国の人から反応があるから)

『ブログセラピー』ってアリな言葉ですよね。母兵衛さん。
母兵衛さんの繰り出す言葉はいつもすばらしい。



じいちゃん!そっちで喜助が待ち伏せしてるから気をつけて!^^



犬の「生きてて良かった」は、飼い主によるものが全て。
きっと十兵衛じいちゃんは「犬生最高!」と思いながら生きていたに違いない。
全ての犬が(ネコも…生きることに楽しみを感じられる生き物全てが)
そうあってほしいなぁ。






最近お気に入りのおもちゃはストッキング…
SANY0021_convert_20110307142455.jpg




に入ったピーピー鳴るボール。
SANY0023_convert_20110307142802.jpg
ストッキングの伸縮性がゴム紐のような効果を生みます。


ストッキングにじゃれる姿はちょっとシュールでお見せできません。



にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
冒頭の文章が内容に対して実に不謹慎でありますが、
多分、分かる世代の母兵衛さんが笑ってくれたらいいなぁ~と思って
入れてみました^^
母兵衛さん、笑顔でまいりましょう!
スポンサーサイト

狙撃~誰かが狙っている~

ご無沙汰しております。
皆様お元気ですか?

私はなんとか頑張っております。

もうすぐ労働月間が終わり、気ままな毎日が戻ってきます。

残り4日、稼ぐど~



毎日バタバタしてて、家事をナイガシロにしてましたら…

ふと…お気に入りのカップが割れてることに気が付きました。
IMG_4499.jpg
あぁ…穴が…


お気に入りのミッフィー。

網走ラルズの2階の雑貨屋で600円で(多分)買ったマグカップ。
IMG_4498.jpg
あぁ…穴が…



しかし、なぜ・どうやってこんなキレイに穴が開いたのだ。
IMG_4495.jpg



ゴルゴに隣りの建物から狙撃されたとしか思えない。
IMG_4493.jpg



思い出タップリのこのカップ
捨てられないから、
喜助に供えてる水で育ててる植物を入れる水受けにしました。
IMG_4500.jpg
ヨボヨボのシオシオ…

しかし…お前はナゼ元気に育たんのだ…

手間がかからないはずのハイドロカルチャー。
なぜ青白くヒョロリとなったのか不明。


喜助の水の毒にあてられたのだろうか。
IMG_1236.jpg
毒排出中。

ホント…植物を育てられない女です。

良かれと思って窓辺に置いてたんだけど、直射日光がいけなかったのかな~?
IMG_4486.jpg
こちらは日差しの温もりを求めて隙間にはまる犬。


植物育成に関する
回答募集中ーッ!!



にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
↑やはり喜助の毒ではないかと思われる方は、ポチッとお願いします。

またまた、小さな喜びを助けました

喜助がまた小さな幸せを運びましたよ~♪


北海道に住んでる、友人いちのすけちゃんが

まだ喜助が生きてる頃に投稿した写真が

『ハローガスライフ』(北海道のガス屋さんの広報誌?)に
載りました~

IMG_4483 2


忘れた頃に~



投稿のお礼に、ガス会社から

いちのすけちゃんの涼しい財布に

壊れたヴィトンの財布に

クオカードが贈られました

ガソリン代の足しくらいにはなるかい?



まだまだやってくれそうな喜助パワー。

これからも私たちに小さい幸せをよこしてください。
IMG_1653.jpg
「やったるど~!」  とは言わないであろう。


いや、それにしても

もっとカワイイ写真があったろうに…
IMG_4482.jpg
残念ながら、下の猫の引き立て役になっとるがな。



そして4月号だから、早く報告しないといけなかったのね。

もう見直そうにもみんな捨てちゃったよね。ごめん。



『いい名前もらったから、がんばらなくっちゃ!』

というコメントに、頑張らせられなかった自分の不甲斐なさを思い出し
ちょっとへこんだ。






先日のウェルカムゲート

1匹1コマだとこんな感じ
IMG_4462.jpg


♪後ろから前から どうぞ♪
IMG_4461.jpg
何度も撮り直ししてると、「…まだ?」みたいな顔するよね。



ところで、5月末までバイトするので、更新しなくなります。

バイト2つ掛け持ちするから、ホント時間無いっす。

せっかく来てもらっても更新してなかったら申し訳ないので

当分来ないでね~♪(笑)



にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
ほんっと、仕事の疲れが翌日に残るようになりました。

ガルッてる喜助 そしてベトナム

嬉しいお知らせがあります!


なんとなんと!


近所の「放っとかれ黒ラブラ」に


この度、毛布が与えられました!!やったね!


多分、小屋の中に敷いてもらったんだと思うけど、小屋の外に引っ張り出して

寒空の下、ヌクヌク眠ってました

綺麗なオレンジの毛布です。

「寒いだろう」と気にかけてもらえたことが嬉しい~♪


でも、シッコ垂れ流しだから、毛布が汚れる日も近い…絵文字名を入力してください





喜助の心のじいちゃん・十兵衛じいちゃんの「ガルッ」った顔を見てたら

むしょうに喜助に会いたくなって(笑 ガルッってる顔と関連付けてしまうのが悲しい)

マイピクチャを見てたら

すっかり忘れてた動画が出てきたので載せてみます。





鼻を指先にポチっとくっつける『ポイント』を教えたら

興奮した時に指をむけると、冷静になる犬に育ちました。

変な犬じゃった。




毎月1回、子犬教室用のセミナーに通ってます。

先月のお題は「ボディーランゲージ」でした。

言葉を持たない動物は、ボディーランゲージで相手に気持ちを伝えてるんですね。


画面に映った『犬の表情の変化』を見ながら

①怒ってる顔
②怖くなってきた顔
③怖いながらも捨て身で戦う覚悟の顔

について話してるとき


講師の先生が(超有名な先生で、ホント内容がおもしろいんです)

「(動物病院で)仕事してて、こんな顔した犬には出会いたくないですよね~アハハ^^」
IMG_3797 2

先生…私、こんな顔した犬と暮らしてました…  慣れます>絵文字名を入力してください
特に③の顔…

③の顔は、恐怖で捨て身になってる顔。
喜助はこの顔が多かったということは、いつも余裕が無かったんだな~と
かわいそうに思いました。
社会化してやれなくて、ごめんね。喜助。






さて、べトナムの続き
IMG_3776.jpg
こちらは、苺と一緒に けんPママさん が送ってくれた
お気に入りワンコ&我が家のワンコの缶バッチ




クチトンネル・メコン川ツアーに申し込みました。

ツアー会社によって、内容も値段もピンキリです。

いちのすけちゃんが添乗員経験を生かして、割とピン寄りなツアーを予約してくれました。

値段が良いだけあって、現地添乗員さんは日本語が流暢だし
車の運転も上手だし(クラクションを鳴らさないベトナム人は珍しい!!)
少人数制だし(我らと4人家族の2組)
『嫌な思いをしない』(←ベトナムではココが大事)ツアーでした♪


クチトンネルとは、実際にベトナムゲリラが暮らしていた場所です。

実際にトンネルの中を歩きましたが(狭いので、四つんばいで)

グッと来ます。

真っ暗な中で何十年も命からがらに暮らしていた人たちを思うと。


写真を撮る気にはなれなかったので何も載せられませんが
ぜひ、検索してどんな所か知ってください。




クチトンネルでのショックと車酔い(道が悪すぎる)でグッタリした後

観光客用のオシャレレストランでランチです。
IMG_3668 2
落ちてた南国の花を耳に刺して、お気楽な私



こちらでも「わー!おいしい!」っていうベトナム料理は少なく
IMG_3661.jpg
美味しかった風船餅


何となく満たされないままメコン川へ
IMG_3673.jpg
漁船で川の中の小島に渡る



船の中ではヤシの実ジュースが振舞われます
ガイドさんが笑顔で配ってくれます。
IMG_3672.jpg
しかし、子供は正直です。
自然味(味が無い)のジュースを気味悪がって「いらない!」を連呼。
ご両親は2個飲むはめになります。

島ではココナツキャラメルやら蜂蜜やら果物やらを作ってます。
IMG_3677.jpg
ツアーを一緒に周った、ショウちゃん。



そして、試食させてくれます。

いちいち商品説明されます。

ここは『買わされる』島でした(笑) 買わなかったけど



試食会場にはニシキヘビが飼われていて
「優シイへび。ダイジョウブ」
IMG_3682.jpg
と、やたらと観光客の首に巻きつけようとします。


全く興味ないよと、離れてみてたのに
IMG_3681 2
私、巻かれました。         ↑左手に表れる余裕の無さ


ガイドのニャーさん(名前がかわいい)は
まるでチェ・ジュウにマフラーをかけるヨン様のように

                 ↓私のヨン様
IMG_3680.jpg
満面の笑顔でニシキヘビを私の首に巻きました。




そして、ベトナム民謡を果物を食べながら聴かされます。
IMG_3690.jpg
なぜ『聴かされる』なのかというと
歌ってる後ろで前の客にもらったチップを数えてる女の人がいて
何だか聴きたくない感じだからです。
ショウちゃんのお母さんがチップを払ってくれたので、
私たちは払いませんでしたが…
(基本的に高いツアーだから、チップなどのサービス料は含まれている)



最後にメコン川を手漕ぎボートでドンブラコ。
IMG_3695.jpg


やたらと仕事を終えて逆走する船とすれ違うので
IMG_3701.jpg
落ち着かない。



そしてまた漁船に乗り、陸地に戻ります。



子供と一緒に観光地を周ってると、いつもの旅に無い刺激があって
とっても楽しかったです。

ベトナムの人たちは子供をとてもかわいがります。
ベトナム人の、子供を見る素の笑顔を見ることができたことも良かったです。
観光客を見る目が、いつも冷たかったんだもの。




旅の続きはまた次回。




にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

喜助新聞と ば んじろう

とある新聞
IMG_3537.jpg



おや?





そう!喜助、新聞に載せてもらいました
IMG_3539.jpg
北海道の十勝毎日新聞
10月18日の夕刊に載せてもらいました♪


十勝在住の いちのすけちゃんが新聞社に写真を送ってくれました。

可愛いボールペンを記念品でもらったんだけど、母に盗られてしまった…


喜助の写真を見て、どこかの家族が
「見てみて~犬がちゃんちゃんこ着てるよ~」
なんて、楽しくお話してくれてたら嬉しいね。




そんな いちのすけちゃんの大事な犬の話。



いちのすけちゃんとは8年前に知り合いましたが

知り合った当時から耳にタコができるほどコンコンと語られた犬物語があります。

主人公はいちのすけちゃんのお姉さん夫婦の愛犬・秋田犬の番 治朗(ばん じろう)

【注意:検索で引っかからないように、名前の間にスペースを入れてます】
番と治朗は続けて名前として読んでください。
苗字と名前ではありません(笑)

081118_2200~0001
ばんじ~♪


番 治朗は名の通り、旦那さんの会社の番犬として格安で買ってこられました。

旦那さんと一緒に出勤して、自分のタイムカードを押してもらって、会社の治安に勤めてました。


「I am セコム」
081118_2159~0001


だから、ご飯代も病院代も、会社の『防犯警備費』として経費で落ちてました。



それはそれは可愛い可愛い、人間大好きな番犬で(ダメじゃん…)

番 治朗  1歳の誕生日ケーキ
左は いちのすけちゃん

みんなから可愛がられていたのでした。



しかし、4年後にお姉さん夫婦は離婚することになり

番治 朗は旦那さんに引き取られ
いちのすけ姉妹は旦那さんから
「番 治朗とは2度と会わせない」と悲しい宣告をされてしまうのでした。
081118_2201~0001
さようなら…番 治朗…



番 治朗に会えなくなって1年後

いちのすけちゃんはスキー場バイトで
「犬大好き~♪」な元動物看護士の私と出会い
心行くまで番 治朗の思い出を熱く語ったのでした。眠くても。
081118_2159~0002
寮の私たちの部屋は、犬と猫の写真だらけでした(笑)


そしてさらに3年後

私は新しい動物病院に復職しました。


裏技を使って番治 朗の所在を調べてみましたが、
生きている証拠をつかむことはできませんでした。


秋田犬は大型犬ですから、寿命もそんなに長くないから…
天国に行ったのかもね


なんて言ってたある日


受付で診察申し込みを書く新患さんの名前を覗きこむと

『秋田犬   番 治朗』

番 治朗 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!


ウチの病院に、ずっと話しに聞いてた
死んだと思ってた番 治朗がやって来たのです!
私たちの中ではすでに「伝説の犬」になってたのに!


すぐに「秋田犬、めずらしいから写メール撮らせてくださ~い♪」
と、苦しい理由で携帯写真を撮らせてもらって

いちのすけちゃんに速攻でメール!(仕事中だけどやりたい放題)
051024_0936~0001
10歳になってたよ


来院の理由は、

「肛門に腫瘍(良性の肛門繊維腫)ができて出血してるから取って欲しい」とのこと。

かかりつけの先生は「大きすぎて取れない」と言って取ってくれなかったらしい。

確かに手術するには面倒な大きさにはなってたけど、
取れないってほど大きくも無かったので
「じゃ、健康チェックしてから手術の段取りを組もうよ~…あれ?」

お腹を触ってた獣医の手に大きなシコリが触りました。
「これ~…肝臓に大きい腫瘍ができとるねぇ…
「えっ…ここんとこ痩せてきてたけど、前の先生は何も言ってなかったよ?!」
超音波検査で肝臓に影があり、血液検査の肝臓の結果が最悪になってました。

それでも出血しているお尻の腫瘍だけは取ってやりたいという飼い主(元旦那)の意向で
お尻の手術を4日後に決行。
肝臓は温存(コレもお腹は開けたくないという飼い主さんの意向)。


手術当日の番 治朗
051028_1403~0001

この時に、いちのすけ姉妹に番 治朗をコッソリ会わせたかったけど
すでにいちのすけちゃんは北海道に移住した後。
お姉さんも仕事が抜けられず…会うと離れられなくなるから…と
再会は叶いませんでした。

会えば番 治朗も喜んだと思うんだ~。


手術は無事終わり、それなりに回復しましたが…


その数ヵ月後

飼い主さんが病院にご挨拶にみえました。

今、火葬場に番 治朗を連れて行ったと。


肝臓が悪いのは分かってたから、
具合が悪くなったけど、もう病院に連れて行かず、
大好きな職場で最後まで番犬してもらった…と。
051028_1413~0001
そうか番 治朗。
最後までお勤めごくろうさん。




私と知り合わなければ
私が動物病院勤務に復帰しなければ
かかりつけの先生が手術に積極的だったら

いちのすけ姉妹は番 治朗の最後を知る事無く
ずっと「番 治朗はどうなったのだろう」と思い続けていたでしょう。

番 治朗といちのすけ姉妹の絆が(実質、子犬から育てたのはこの2人)
『番 治朗の終わり』を知らせてくれたと思われてなりません。

私はこの時のために、いちのすけちゃんと友達になったんだと思ってます。
神様から派遣されて来たんです。




「私、あなたの元義妹・いちのすけの友達です♪」
と元旦那さんに名乗り出たら転院されそうで
怖くてひたすら隠し続けてました。
転院されたら、番 治朗を見守れなくなっちゃうもの。

名前を呼ぶ時、
いちのすけちゃんがいつも呼ぶ愛称「バンジー」と呼びそうになり
「バンジー………ろう」(←つい呼び捨て)

何度が濁しました(苦笑)



にほんブログ村☆ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
↑あ~~…元旦那さんがうっかりこのブログを目にしませんように…

 2代目番治 朗を飼ってるから、
 パソコンで検索しないとも限らないんだ~ ガク((( ;゚Д゚)))ブル

 励ましのポチをどうぞよろしく…

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。