FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新です

2007年にこのブログを始めた頃は

まだ動物病院で働いてて
しーちゃんは元気で
喜助を拾ってなくて
まめは若くてイキイキしていた。

11年経って

しーちゃんはとっくに死んで
喜助はもっととっくに死んで
つい先日、とうとう まめも死んでしまった。

ちょっと目ヤニが酷くて
病院に行って、ついでに血液検査もして

目薬だけもらって
結果待たずに帰ってたら「病院に引き返して来い!」電話来て
再検査したら「やっぱり血小板が全然無い」言われて
その晩に死んでしまった。

免疫性の血小板減少症という血小板が無くなってしまう病気だとか。

目ヤニが出ていたのはブドウ膜炎(眼球の中で出血して眼球が濁る)になったから。
どうして眼球内で出血が起きたか?それは血小板が無いから血液が固まらないから。
なぜ急に死んだのか? たまたまその晩に体のどこか(脳内?)に出血が起きて、血液が固まらなかったから。

闘病時間0時間。
病院からの帰宅途中に「キューン」と鳴いて、そのまま。

まさか死ぬとは思ってなかったので…
ただの目ヤニだと思ってたので…
line_1533201518694 2
まだどこかで生きていると思ってしまう。

でも、お骨がある。

しーちゃん(シーズー)の頭蓋骨に比べて
まめ(ダックス)の頭蓋骨は明らかに鼻が長い。
当たり前だけど、初めて見る発見。

2つの骨壺を開けて(罰当たりか?)
「久しぶりに ふたりで並んだね」と
KIMG0217.jpg
笑ってしまう自分が物悲しい。

お肉が無くなり骨になったふたりを見て、時の経過が身に染みる。
骨になっても可愛い。


15年と7か月生きててくれてありがとう。
身をもって犬の行動学の勉強をさせてくれてありがとう。
あなたが完璧な飼いやすい犬でなかったから
いろんな勉強ができて
飼い主さんに実感を持ってアドバイスすることができている。

私が飼い主でなかったら
あなたはきっと飼い主を困らせる犬になっていたはず。
うちに来てよかったね。
幸せだったでしょ?

いぬという生き物は
石器時代から人間と共に生きて来て
人も犬もDNAのレベルで支えあいながら生きる存在になっている。

私にとってあなたは犬と人間の関りについて考えさせてくれる
唯一無二の先生でした。ありがとう。まめ先生。



スポンサーサイト

子猫の季節だもの

知人のお家に野良猫さん…いや、最近家に居ついた元野良猫さんが

飼い主になって久しい知人のベットの中で子猫を出産。
(強いな)


手のひらに子猫を。
IMG_2242bbu.jpg




エントリーナンバー 1
メス
IMG_2239bu.jpg
一番お元気。


オスだったら私が引き取るのに。(強欲)
IMG_2238bu.jpg




エントリーナンバー 2
オス
IMG_2232bu.jpg
スッキリした顔立ちの美形。


白多目。
IMG_2234bu.jpg




エントリーナンバー 3
オス
IMG_2235bu.jpg
愛くるしー!!




間抜けな動きのオットリさん。
IMG_2236bu.jpg
キジ色多目。



5月中ごろ現在、生後1ヶ月。
生後2ヶ月過ぎ頃に引き渡し予定。
健康診断・虫下しをしてお引渡しをしまーす。

.老犬拾った…

わー 久しぶりに更新してみる~(*^^*)

みなさまお元気でしょうか~??

この記事の前の2年前に保護した子猫たちは無事一緒に同じ家にもらわれていき
幸せに過ごしています。

あの子達可愛かったな~…
兄弟じゃない子猫が兄弟以上、いや、兄弟では築けないであろう絆を作っていく様を目撃できたのは
私の犬猫生活の財産です。
2013-06-07.jpg
帰宅したら勝手に私のかばんの上で団子になってた。
今見ても泣ける。どんぶりいっぱい泣ける。
お互いがお母さんであり、子供だったんだね。
不安を癒し合ったんだね。
一緒に拾ってよかった。



さて、写真に撮ってないんだけど老犬拾った。
15歳くらいの老犬拾った。
泣ける…

アバラが浮き出てて
皮の首輪がボロボロで
ちょっと認知症入ってるかんじで右回りにクルクル回る
元気だったら20kgクラスのThat雑種のばあちゃん犬
元気じゃないから10kgくらいになってたばあちゃん犬を拾いました。
散歩リードついたまま。

あんた捨てられたでしょ
絶対捨てられたでしょ
こんなヨボヨボな犬、散歩中に逃げても捕まるに決まってるもの。

ってかんじのしょぼんとした犬 拾っちゃった。
家の前でウロウロしてたんですもの。
家族が「ウロウロしとったよ」と私に言って仕事に行っちゃったんだもの。



長くなるから、最近の年老いたまめたろうの写真でも載せとくか。
IMG_1590bu.jpg
こんなヨボヨボしてるけど、老人ホームの訪問活動に参加してるんですYO♪



運よく休日だった私。
仕方なく、諦めつつ、
なんとか飼い主にたどり着こうと
古びたリードを持って、老犬と歩き始めました。

「この犬知らんかえ~この犬知らんかえ~」
とすれ違う人たちに問うも「知らぬ。というか関わりになりとうない」という目の逸らし方。そりゃそうだ。
「痩せててかわいそう」
「痩せててかわいそう」
「痩せててかわいそう」
何度も言われましたが、私の犬じゃないんですっっ(T-T)

「あんた自宅に返りなさいYO!」
って言いながら老犬のヨボヨボ歩きに付いて歩いたけど
あちこちにシッコするばかりで(さすが認知症の過活動膀胱)家に帰る感じがありません。

1時間30分、ぶらぶら歩いた頃
「…Kさん家の犬に似ている…」
というビーグル老犬を連れた奥様に出会い
「その家に連れて行ってYO!」とお願いして家に向かうと
ヨッッボヨボのばあさん犬の足どりがドンドン確かなものになり
あるお宅の前で急に旋回して庭に入ろうといたしました。

奥様がピンポンを押して、出てきた70代の奥様が
「まー!朝からさがしとったのよー!!
散歩から帰りしなに急に走って逃げたんよー!」

…こんなヨボヨボな犬だけど
70代奥様なら逃げられるかもね。(納得)



ヨボヨボな犬、無事家に帰しました。
富士子と勝手に名前を付けてましたが、返すことが出来ました。

本当によかったっっ!!飼わずに済んでっ


最近の私はこんな感じ。
また何か拾ったらお便りします…ちょみまめ…

増殖中

久々の子猫のいる生活、楽しいです。
PA0_0141.jpg
うふ♪


虎子(仮)♀デス
PA0_0149.jpg
ニャン♪



              
…おや?  
PA0_0003.jpg





そう…子猫が増えました 虎男(仮)♂デス 
PA0_0146.jpg
( ´ー`)ノ コンチャ



6日前に完全ノラ状態で、保護というより「捕獲」された子猫。
近付くと逃げてましたが最近やっと慣れてきました^^

まだバンビのようなおぼつかない足取りだったのが、
PA0_0145 2




毎日の虎子とのファイトで
PA0_0148.jpg
たった3日間でしっかり走り回れるようになりました。




本当はね、新入りの健康状態が把握できるまで1週間は一緒にしちゃダメなんだけど…
めんどくさいから虎男が恐怖で固まってウンチもシッコもしないもんだから
心を解きほぐすために一緒にしちゃいました。
PA0_0150.jpg

猫が猫を癒し、
人間から学ぶ事よりも、同じ子猫から学ぶ事の方が多いのだと実感。
あっという間に落ち着き、馴染み、体力が付き、
お互いケンカ遊びの中で、咬み加減なんかを学んでいる最中です。





子猫は多頭飼育がオススメ☆
PA0_0001.jpg

拾うよね~^^ 久々に!

道端に落ちてる物、結構拾います。

ボールペンとか

化粧ポーチとか

財布とか。



財布なんかは必ず警察に届けます。

テレホンカード類はいただいたこともある。(天下の周り物…)



それとか…





猫とか
SANY0024.jpg
久々の捕獲ー!!


実は3週間前に家の近くで母猫と一緒にいるところを見かけたことがあった。
けど、その時は飲み会に行く途中だったので泣く泣くスルー。母猫と一緒だったし。

昨夜鳴き声が聞こえてて、

今日は1匹でカミキリムシと戦っている所をスルッと保護。

近所の人の話では、ここ2~3日母猫の姿が見えず、ひとりぼっちでいるとのこと。
ここ数日食べてないのかな?そして寂しかったろうね…(T0T)

ちょみっと怖がりさんだけど、とっても好奇心旺盛!
パソコンに向かう私の事をクレートの中からずっと見てます。
時々ウツラウツラ、コックリコックリ、目を細めながら座ってます。
SANY0031.jpg
プリティー(*^^*)


母猫を呼ぶ声が痛々しい、2ヶ月未満の女の子です。


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。